【落とされない小論文】を読んで

小論文のテストを受けることになり、「落とされない小論文」を読んだので勉強ついでにまとめてみた。

 

f:id:syaca:20180301020252j:plain

 

まず、一度読み進める前に、本の後半にある参考問題を自分で一度解いてみることをおすすめする。

その方が、後に書いていることがより腹落ちすると思う。

 

この本では12個の減点ポイントを紹介しており、その12個を意識して回答すればまぁ問題ないということみたい。

 

その12個のポイントの紹介前に、まずは基礎的な知識からメモる。

 

全ての小論文に共通する3つの評価ポイント

基本的には、小論文を回答する際に重要な観点は、「採点者がどこに着目し、何を考えて評価を下しているか?」ということである。

 

まずは以下の3つのポイントを抑えることが重要。

  1. 問題の意味を正確に理解して書いている
  2. 具体的で、抽象的に逃げていない
  3. 完結で話の道筋が通っている

基礎として抑えておきたいポイント

ここは個人的に必要だったと思うところのみまとめる

 

①作文と小論文のちがい

作文は自由な発想で好きなように書いていいが、小論文は、「何らかの問題提起や主張をして、自分の考えを位置筋立てて説明する」が求められている。

つまり、主張したいことが明確になっていないといけない。

 

②文調をどうするか

小論論文では自分の主張に説得力をもたせるために、「だ・である」の文体で書くべきのようである(無理やりw)

 

③原稿用紙の基本的な使い方

  • 段落の冒頭は1字空けて書き始める
  • 改行して新しい段落に入った場合も、1字空ける
  • 行の一番上のマスに、。」などは入れない。その時は1行前の行末のマスの文字に重ねて入れる。
  • 「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」「ー」などは、行の一番上のマスにあってもよい。
  • 横書きの原稿用紙に数字を書く場合1マスに2つずつ数字を入れる。
  • アルファベットを記入する際は、大文字は1マス1文字、小文字は1マス2文字が原則
  • 横書きで数字を書く際は、漢字が原則、ただし西暦表記は数字で書く。
  • 英語のアルファベットを縦書きする場合は1マスの1文字ずつ書く
  • 縦書きで、英語の長い綴りや複数の単語を並べる場合は、その部分だけを横書きにして書く。

 問題を解き始める前に意識しておきたいポイント7つ

  1. 問題を読み、答えるべきポイントを把握する
  2. 回答構成の幹を決める
  3. 字数配分を考える
  4. 幹の内容になる枝を箇条書する
  5. 話の流れを整理する
  6. 清書する
  7. 誤字脱字等をチェックする

この7つは常に頭にいれておこうっと。

 

12個の減点ポイント

いよいよメインの内容、それぞれ見落としがちの12の減点ポイント

 

①問題文の指示に正しく答えていない

・まず問題文をよく読んで、何が問われているかを正しく理解すること。

正しく答えれていない3つの理由

  1. 問題文の意味を理解して書くことの重要性が分かっていない
  2. 言葉の意味を突き詰めて考えていない
  3. だんだん問題文の趣旨からずれていく。

 ②具体的な言葉で書けていない

・具体的に書くためには、固有名詞や数字を入れる、視覚、聴覚、触覚、味覚に訴える描写をする。

・読み手の頭にイメージがすぐに浮かぶように書く

 

③資料を正しく扱っていない

・グラフが出た場合は原則として全てのグラフに触れて回答する。

・数値の大きな部分に着目する。

・数値が急に伸びているところや下がっているところに注目する。

 

④要約が本文の切り貼りになっている

課題文を読んでいない人に伝えるつもりで、その人にもわかりやすい言葉で要約する

・抽象的な言葉を言い換えたり、足りない言葉を補ったりする。

 

⑤問題文を無視して自分の意見を書く

・課題文の主張を一言でまとめれるようにしておく。

冒頭で自分の意見を述べる

→「私は筆者の〇〇という主張について・・・と考える、なぜなら・・・」と言うテンプレート(毎回使えるわけではない)

 

⑥課題文の趣旨をそのままなぞって書く

・課題文の筆者が気づいていない論点を提示する。

自分の考えを導くための考え方

  1. 課題文の弱点や矛盾点をついて反論する
  2. 賛成する場合、別の観点から根拠を示し、課題文の正しさを補強する
  3. 賛成しつつも別の問題点を提示する
  4. 課題文への賛否を示さない書き方の場合は、課題文の内容をうけて、自分なりの論点を提示する。

 

⑦無駄な言葉が多い

・答案の中身を深めるためには役に立たない言葉、あってもなくてもどっちでもいい言葉は削除する。

・前置きを書く時は、本文の主張を深めることを書く。

 

⑧回答のバランスがわるい

・答案を書き始める前に数字配分を考える

・出題者の意図を読み取って、より詳細に記載すべき部分に比重を多く置く。

 

⑨消極的な表現で印象を落とす

・断定定期で言い切るほうが印象はよくなる

・まとめの部分は、抽象的であっても、積極性のある表現で書く

 

⑩話の流れが整理されていない

3つのアプローチ

  • 聞かれたことにストレートに答える
  • 話をかたまりで分ける
  • どういう展開で話が進んでいるのかわかるようにする。

・「1つ目に」「2つ目に」「まず」「次に」などの言葉を使い、どういう展開で話が進んでいるのかわかるようにする。

 

⑪課題解決型の問題を「1点突破」で押し切る

複数の観点から書くことが求められる。

・書き手の経験を掘り下げる場合は、1点突破でより深く詳しく書く。

 

⑫事前に準備した筋書きやキーワードを書く

・出題内容を強引に自分の書きたい方向に誘導して、事前に用意した筋書き通りに書いている。

 

以上。

 

基本的に言われたらそのとおりだという12個のまとめ、

その分基礎であり重要なところなんだと思う。

 

つぎは、文章構成のテンプレートを数パターン暗記して、過去問の傾向からの基礎知識をいれていったら、まぁなんとかなる気はする。

「未来経歴」ノススメ

殆ど見られていないこのブログも、最近少し人が来ている気配があり、これを機に記事を更新するとアクセスって伸びるのかな?

というスケベココロから、久しぶりに更新しようと思う。

 

今日は「未来経歴」ノススメ

f:id:syaca:20180207034604j:plain

 

僕はよく、こんなことに悩むのです。

 

「自分は将来どういう仕事をしたいんだろ?」

「どういう意思決定で仕事を選んだらいいんだろ?」

「30歳までに理想の自分に近づけるかな?」

 

そんな時ふと、本の裏に書いてる凄そうな人の経歴が目について、

うわーすげー経歴やなぁ

今の俺やったらどんな経歴になるやろ?

 

と自分の経歴を書いてみたんだけど、

・◯◯大学卒業

・株式会社◯◯◯◯入社
・etc

全然テンションも上がらないし、すごくもないわけなのです。。

 

そこで、逆に自由に自分のこれからの経歴を書いていいとしたら?

という仮定のもと、未来の経歴を書いてみたのです。


・元◯◯◯◯ディレクター。

・現◯◯◯◯職。

・◯◯◯◯◯代表。

・アプリ◯◯◯◯◯企画開発。

・◯◯をする傍ら、◯◯、◯◯◯◯と精力的に活動。

 ※一部抜粋

 

すると、なんか急にクリアになったというか、俺ってこういうこと肩書にしたいんやなぁっていうのがわかって、自分の軸が出来た気がした。

それから定期的に未来経歴のメンテナンスを行ってる。

これは自分の軸を考える上で重要で、何をやって何をやならいのか、特にやらなくていいことが明確になる。

 

有名な話で、Amazonでは開発案件に着手する前に、先にプレスリリースを妄想して書く文化があるみたい。(都市伝説的な感じだけど..)
これと同じことだと思う。

実際に先のことをイメージして書くことで。

①細部をイメージするから、今の軌道修正の意思決定に影響がある。

②実現したことイメージするからテンション上がる。

③軸が出来るから、やらなくていいことが明確になる。

というメリットがある。

 

別にこれって、仕事にかかわらず。

家族4人と3LDKで過ごし...

みたいなものでもいいと思う。

 

もし見てくれた人がいたら一回やってみることをオススメする。

そして定期的に振り返って、あの時自分がどんな考えだったのか見つめ直すとモチベーションも上がるし、軸がより強固なものになる。

 

 

 

 

 

 

 

【お金2.0新しい経済のルールと生き方】を読んで

佐藤航陽さんの「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」を読んだ。

 

 

 

とても違和感なく理解できる内容で、今を生きてる僕らを取り巻く状況を解りやすく書いている本だった。

読み終わった後、この学びを頭のフレームワークにとどめておきたいと思ったので、久しぶりに文字に起こしてアウトプットしながら整理してみようと思う。

 

主なテーマは、インターネットの普及により経済が新しく様変わりする今、その経済の本質を考え、今後どのような形態に移り変わるのかということ

 

まず人間社会を形作っている3つのベクトルの話

①お金②感情③テクノロジー

ここではお金は影響力が強いが、お金単体を求めても、人の感情を無視し続けると持続しないとしている。

また、テクノロジーだけを追い求めても、お金は無視できないし、人の感情をないがしろにしても持続しないとされている。

 

要は、生きていく上でを求めていくのが重要化という話と解釈。

 

普通に生きていく中で何が大切かって言われたら、「仲間」だったり「生きがい」だだったりを想像したんだけど、もう少し生態系としてみた時にこれらの3つの要素は確かに大きな地場を形成していると思う。

 

そして③のテクノロジーの発達がこれらの地場を大きく飛躍させていったとされてます。

 

テクノロジーと情報っていうのは切っても切れない関係だと思ってて、テクノロジーによる情報の伝搬こそが、この地場に大きな影響があるのかなと思う。

 

お金の歴史

・お金が表舞台に出始めるのは今から300年前

・自由、平等の概念がひろがり、個人が自分の人生を自由に選択できるようになる。

産業革命がおこり、農業から工業へと生活の中心がかわる

・労働を価値としてお金を対価としてもらう労働者/お金を資本として工場を所有する資本家の2つに分類される

・市民革命により、身分の差が薄れる一方、資本家と労働者の差は広がっていった。

・これが原因で「身分」から「お金」へパワーシフトが起き、「お金」が社会の表舞台に主役として登場してくる。

・はじめはお金は、価値を運ぶツール

・お金から、お金を生み出す方が効率的であることに気づく。

・お金にお金を稼がせる金融市場が規模が大きくなる。

価値を仲介するツールだったお金が価値から分離して一人歩きを初めだす

・お金が作られているのは、国が管理する中央銀行

・実は国家が管理して中央銀行がお金を刷り、国の経済をコントロールするようになったのは100年ほど前

 

経済の話

・経済はネットワークそのもの

・ネットワークは欲望を起点に動く報酬により構成されている

・動的なネットワークに共通する2つの特徴がある

1.極端な偏り。これはパレートの法則でもあるように上位20%が全体の80%の価値を形成していることになる

2.不安定性と不確実性。全体が密接につながっているため、一つの現象が互いに作用し不安定な状態になる。

 

 

「経済システム」の5つの要素

これが今回の学びの大きな部分の一つだった。

まずはその5つの要素を

①インセンティブ

②リアルタイム

③不確実性

ヒエラルキー

⑤コミュニケーション

これらの5つがバランス良く配置されている場合経済システムが機能するとされている。

 

納得。

 

そしてさらに必要な2つの視点があると

①経済システムの寿命を考慮すること

共同幻想が存在すること

 

これらも納得感がある。

もはや会社の仕組み自体がこれらに当てはまっているし、つまるところ組織論にも近い気もする。

 

経済システム=プラットフォームっていう解釈でも良いかと思った。

自走し自ら拡大していく雪玉のような経済システムが、今後ネットワークの力により誰でも簡易に作れるようになると思う。

 

 そして、どの経済システムに所属するのかを自由に決定できる世界が来る。その今一番大きい流れが、法定通貨という既存の経済システムしか選択できなかったが、ビットコインなどの仮想通貨と言われる経済システムを選択できるようになっているという状態がこのお金2.0の答えの一つだと言うこと。

 

そして、こっからは僕の希望だけど、経済システムには文化がつきもので、今後大小の規模があるが多様な経済システムが構築されていき、このプラットフォーム上で活躍していく人たちであふれると思う。そしてそのプラットフォーム上でのハイコンテクストな文化を楽しめるような時代が来ると思う。(というかもう来てるから、あとはどれだけ簡易にここがプラットフォーマーになれる仕組みが存在するかなだけな気もする。というか既にあるきもする。その意味でこの話はすんなりと理解できたし特に違和感なく腹落ちしたんだと思う。)

 

ネットによる自律分散

世の中に膨大に溢れたデータにより進んだ「自動化」とネットワーク型社会によって起きる「分散型」の2つ流れによっておこる「自律分散」のコンセプトがこれからの産業モデルを覆すことになる。

 

これらによって中央集権的な経済システムが分散型の経済システムに移行していくことがこれからの産業において革命になるということ。

 

そして、重要なのがこれらすべてが自律分散な経済システムになるわけではなく、個人がどの経済システムに属するかを自由に選択できる時代がくるということが、今後一番大きな波になるということかと。

 

今までの価値の基準が大きく変わる

最後に、この流れの先に、価値基準の変容が挙げられている。

価値は3つにわけられており

①有用性としての価値

②内面的な価値

③社会的な価値

かつては、資本主義が主だって扱ってきた価値が①の有用性の価値だったが、効率化を突き詰めた先のモノが溢れている現代においてより価値が増してくるのが①の有用性ではなく②の内面的な価値と③の社会的な価値である。

 

そしてそれを後押ししているのが、間違いなくインターネットであり、インターネットの普及により、シェアリングの経済システムができ、所有の概念がなくなり、またコミュニケーションの経済システムが出来ることで、より内面的な価値に重きを置かれるよう担っている。そしてその経済システムこそが社会的な価値とイコールで結びついている。

 

そんな、時代の変革期にいる僕たちが、社会を形作る①お金②感情③テクノロジーの本質を知り、固定的な考えにとらわれず、より高度な欲求を満たせれるような現代を生きれるようにというメッセージをまとめてくれたのがこの本なのかなと最後に感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱さの許容

誰しも、常に意識を高く理想の精神状態でいれるわけではない。

今までは、理想を求めて、弱い自分を否定していたが、少し考えを変えてみようと思う。

 

それは、「誰しも弱い部分がある。弱い時がある。という事実を許容し、でもその時間をいかに短くするかにフォーカスする。」という考え方だ。

 

例えば、誰しもめんどくさいと思ってサボることがある。

サボらないようにっていう思考ではなくて、

サボりたい気持ちが沸き起こるのは仕方がないことで、じゃそれをいかに短い期間にできるかという思考に変えることが重要。

 

あまり完璧を求めすぎないように。

 

自分は自分だ、弱い部分を全否定せずに、向き合っていくことが大切なんじゃないかなと思う。

 

 

三尺箸の譬え

ある集団が

 

とても豪勢な食事を目の前にした。

その豪勢な食事は自由に食べることができるのだが、

 

一つだけ条件がある。

 

それは、必ず三尺(91cm)するお箸を使用すること。

 

心の狭い人は、自分が少しでも多く食べれるように、長いお箸を使って、自分だけが食べようとする。

 

しかし、うまくいかず周りを傷つけてしまうだけだった。

 

一方心の広い人は、長いお箸で向かい側の人に食事を食べさせ合っていたのだ。

 

ここからわかることは、いくら長いお箸(力)を持っていても、自分だけのことしか考えていないなら、何も成果はなく、むしろ周りを傷つけてしまうが、周りを優先した、誰かに幸せになって欲しいという思いでいるならば、

 

結局自分もいい思いができると言う話。

「断定的発言」ノススメ

突然ですが、言葉に力を持ちたいと思ったことはないですか?

 

言葉に説得力が無く、なかなか物事が早く進まない経験はありませんか?

 

そう、今僕たちに必要なスキル

それは「断定的発言」力です。

 

言ってしまうととても簡単なんですが。

 

「僕は明日参加できると多分思います」

「僕は明日必ず参加します」

 

どっちが説得力がありますか?

 

言わずもがな後者ですよね。

 

思う?

多分?

 

参加する気あるのか?って思いません?

ハッキリしよろ! って思いません?

 

でも、意外と気づかないだけで自分もこの発言をしてる人が圧倒的に多いです。

普段から周りを見ていても、そう感じることないですか?

なんなら、誰か特定の人の顔が浮かんだ人もいるんじゃないですか?

 

でも

 

そんなあなたも少なからずこのような「民主的マモリノ発言」をしてます。

 

それが、重なると説得力が落ちます。

 

すると、誰もついてこなくなります。

 

とても簡単なことですが、「断定的発言」をすることを意識しましょう。

 

 

ではなんで、「断定的発言」が重要なのか説明をしましょう。

 

なぜ重要なのか?

 

それは一つに人は自分で判断したくない、波風立てたくない、責任を持ちたくないと潜在的に思っている人がほとんどだからです。

なので誰かの断定にすがり付きたいと思っています。もっとストレートにいうと責任を取ってくれる人を求めています。

だから、「断定的発言」をすると人が付いてきて言葉に力が宿ります。

 

そして、もう一つ重要なことがあって、それは「断定できるような絶対的なことなんか存在しない」からです。

物事は思考を深めれば深めるほど絶対的な価値などないことに気づきます。

いろんな視点から物を見ると絶対的な正解なんてないように思えてきます。

 

だから断定的な発言ができなくなります。

 

ただ、それだと判断軸がないのです。

 

何もない価値観の世界に、1本の軸を入れると、不思議と正解が見てきます。

 

その軸ってなんなの?ってなると思うのですが。

 

それがまさしく「断定的発言」になります。

 

先ほどの例でいうと

 

「僕は明日参加できると多分思います」

「僕は明日必ず参加します」

 

僕君が明日来なかった場合。

前者は、多分と言ったため嘘はついてないので正解でも不正解でもない状態。

後者は、なからず行くと言ったので来ない場合は不正解の状態。

 

「断定的発言」をすることでその後の価値基準を構築することができます。

 

だから、「断定的発言」が重要になるのです。

 

最後に、注意すべきなのは断定した後の行動です。

頑固に他の人の意見を受け入れないのか。

柔軟に他人の意見も取り入れてよりよくできるのか。

必ず実行に移す人なのか。

言うだけの人なのか。

 

そこでその人の価値が問われます。

 

プロフェッショナルとは?

今日のテーマは「プロフェッショナルとは?」

 

プロとはなんのことなのか?

どういう心構えなのか?

いろんな角度からプロフェッショナルとは何かを見ていこうと思う。

 

プロフェッショナルは自分の成果に全責任を追える人説。

 

自分の成果とは何か?

①自分が求められている価値?

②求められてないが自分が生みたい価値?

 

プロは何かしら期待をされていて、その期待に答えることに全責任を追うことができる人?

求められてないが自分が生みたい価値を創造することはプロフェッショナルではないのか?

 

これからなんとなく見えてきたことは、プロフェッショナルは何かしら他者から期待されていて、それに対して答えることに全責任を追うことができる人になる。

 

例えば僕がこのブログを毎日書き続けるとして、その質に全責任を持っていたとしても、それはプロフェッショナルにならない。

なぜなら、このブログを期待している人がいないからだ。

もし、このブログを期待している人がいたら、その期待に答えることがプロフェッショナルとなる。

 

 では全責任を負うとは?

失敗しても自分の責任になること?

自分の責任とは?

自分が尻拭いすること?

自分がリスクを背負うこと?

一番のリスクってなんだろ?

死ぬこと?

辱めを受けること?

 

全責任とは?

人に責任を1mmたりともなすりつけないこと?

結果を全て受け入れること?

このらをまとめると、全責任を負うとは相手の期待に応えることができなかったことに対して、他者のせいにせず、その結果を受け入れて、それによって生じるリスクを受け入れる覚悟があること。になるのかな。

 

結果を出すために、貪欲に物事に打ち込むことが出来る人説

貪欲に物事に打ち込まないとプロじゃないの?

①貪欲に物事に打ち込んだけど成果が出ない人

②打ち込んでないけど成果を出し続ける人

これだと圧倒的に、後者のイメージ。

 

つまり、プロフェッショナルであることは過程は関係なく。

 

最終的に結果を残すことが出来る人になる。

 

じゃどんな手段を使っても結果を出せたらいいのか?

人を殺して、金を稼ぐのはプロ?

ちょっと違うイメージになる。

 

じゃプロの条件には、手段を選ぶことが重要になる。

 

つまり、手段を選んで最終的に結果を残す人になる。

 

手段を選ぶとはどういうことか?

自分の倫理に従うこと?

社会の倫理に従うこと?

いろんな手段がある中で、最良の方法を見つけること?

他人から期待された範囲内の手段を使うこと?

 

倫理っていうと話が大きくなるから、戻すと

自分のスタイルに従うこと?

自分のスタイルを崩してでも達成すること?

これでいうと、後者のイメージ。

自分のスタイルを捨ててでも結果を残す人。

本当に自分のスタイルを捨ててでも結果を残すことがいいのか?

 

自分のスタイルってなんだ?

信念?

こだわり?

思い?

軸?

 

スタイルを捨てでも結果を残すっていうのもまた一つのスタイルな気がする。

 

結局スタイルは関係ないのか?

でもなんでもいいから結果を残したらいいというわけでもない。

 

まとめると、自分の信念にしたがって、決められた制約条件の中で、最良の手段を選び結果を残す人。

 

なんとなく見えてきた

 

最後は、「期待値に応えるのはちょっとでも応えたらいいのか?」という問い。

 

結論、はいだと思うんだけど、ちょっと応えることをゴールにしている人はプロではない印象。

 

つまり、今出来る価値を最大まで高めて、相手の期待に応えることが重要。

 

まとめると

 

決められた制約条件の中で、手段を選び最大の価値を生む人。

他人の期待に応えることに全責任を負う覚悟がある人。

 

なんとなく、プロフェッショナルの真意に近づいた気がする。